なぜ中高年初婚の結婚は難しいのか?

今回のテーマは「なぜ中高年初婚の結婚は難しいのか?」を考えていきます。
中高年とは一般に50歳以降の年代をいいますが、総務省の国勢調査によると、50歳以上での生涯未婚率は、男性で20.1%、女性で10.6%という結果がでています。
つまり、50歳になった時点で、男性の5人に1人は結婚経験がないということです。
中高年初婚の結婚は難しい理由を幾つか挙げます。
240_F_56694354_6b0LMXfUMzATLuBCrMKlddbwgxJ0u6Oq.jpg

①結婚に対して慎重になり過ぎる
結婚は勢いが非常に重要です。
今までの自分の人生が大きく変化する訳ですので、未踏の道を進む冒険者の精神が必要です。若い20代はその気持ちが旺盛ですが、30代後半、40代、50代と年を重ねていくと、自分のライフスタイルや考え方が確立され、生活に変化を求めなくなり、結婚することに慎重になってゆく傾向が強くなります。

②男女で結婚観が変わる
若い男女の結婚観は大きな開きがありませんが、中高年は男女で結婚に求めるものが変わります。結婚観のズレが中高年同士の結婚を難しくしています。

[男性が結婚に求めるもの]
・一人では寂しいので誰か一緒にいてほしい
・家事に協力してほしい
・男女の関係

[女性が結婚に求めるもの]
・老後が寂しいので一緒にいてほしい
・経済的な安定がほしい
・心の通い合える人と人生の後半を過ごしたい

老後が一人では寂しいという点では男女共通ですが、男性が女性に求めるダントツ1番の条件は「若くてきれいな女性」です。男性が若い女性を好むのは本能的なもので仕方がないと思います。そして女性が男性に求めるものは1位は経済力(年収)で、特に年齢を重ねるごとにその傾向が強くなります。結婚相談所では女性は「若い女性」、男性は「年収が高い男性」に人気が集中します。
240_F_78028009_aezGODVNO24Ayimk3PTS8lB6qpDgLSel.jpg

③お互いの結婚条件が噛み合わない。
結婚相談所でのお見合いはお互いの結婚出来る条件が噛み合って成立します。
噛み合わない場合は不成立です。結婚相談所でお見合いを申し込む場合、自分に見合うと思われる相手に申し込みますが、中高年、特に初婚の場合はお互いの結婚観がズレている場合が多々あります。よく芸能人男性が年齢の一回りも二回りも下の女性と結婚したという話を耳にしますが、それは男性が高年収という付加価値があって成立します。夢を追いかけて自分も一回り下の女性と結婚しようとしても、幾ら会員数が多くても一般的年収では殆どお見合いさえも成立しません。女性も同様に50代の女性が自分と同じぐらいの年齢だと思って年収の高い条件の良い男性にお見合いを申し込んでも、そもそも男性は若い女性が本能的に好きですので、スペックの高い男性は自分よりもかなり年齢が下の女性としかお見合いをしません。

ではどうすればお見合いが成立出来るのか?
答えは簡単です、自分の需要のあるところにお見合いを申し込めば良いのです。
よく高校や大学を受験をする時、大学の偏差値を参考にしますよね、
結婚相談所内でも同じように、かなりシビアに婚活偏差値が存在します。

あなたが一日も早く結婚を望むのなら、あなたの婚活偏差値を知り、あなたの婚活偏差値に見合った方を選ぶことです。

もしあなたが理想通りの方と、結婚したいと願っているのであれば、まずは、あなたの婚活偏差値を知る必要があります。そして、理想の方が自分の婚活偏差値を上回っている方なら、あなたの婚活偏差値を上げる努力を怠ってはいけません。自分磨きの出来ない方が、理想だけを追求していては、決して婚活は成就しません。
240_F_243430161_fAyHBygVx8vKjZ2egFJRvKCQgB9xC1ii.jpg

PageTop