夏のお見合い時の服装【男性編】

夏季のお見合いで、男性会員さんによく相談されるのが服装です。
男性のお見合い服の定番はスーツですが、暑い夏にスーツを着てネクタイを締めるのは、ご本人はもちろんツライですが、見ている方もツライものです。
暑苦しい格好で、汗だくになりながらお見合いされても、お相手の女性にいい印象を与えるはずはありませんので、弊社の男性会員さんにお勧めしている、お見合い時の夏の服装のポイントをご紹介します。

240_F_41066980_ve48k1Ab6TwGnH2kDUE7MM6natfT5Yir.jpg

①ノーネクタイ

夏用のスーツやジャケットを着てもネクタイを締めれば暑苦しくなってしまいますので、夏のお見合いは基本ノーネクタイをお勧めします。お見合いはビズネスではありません。要はお相手の女性に良い印象を与えることのみが重要になります。

printimage.jpg

②ジャケパンスタイル

襟付きシャツにジャケット、パンツはスラックスやチノパンに足元は革靴といったスタイルがネクタイをしない夏のお見合いに最適です。普段、着用しているスーツにYシャツからネクタイを取っただけでは、女性からはおじさんっぽく映るでけで、良い印象を与えません。ジャケットとパンツは必ずジャストサイズをものを着用すること、サイズの合わないものや、ダブついた格好はだらしない印象を与えます。

240_F_216375605_wyVe2Y6pwW5qmAZj82RThBBLhlnR1aAn.jpg

③クールビズ用Yシャツ
夏はネクタイをつけなくても違和感のないクールビズ用の長袖Yシャツがお勧めです。
半袖のYシャツはお見合いの席ではあまりお勧め出来ません。理由としてはシャツの袖口が大きく開き二の腕がまるまる見えてしまうからです。大人の男性が二の腕を見せると、だらしなく見えて、清潔感が漂いません。いかにも「おじさん」といった雰囲気が漂ってしまいます。

④Vネックインナー
Yシャツからインナーがちらりと見えるのは、これもだらしがない印象を与えるのでNGです。襟ぐりが深いVネック型のインナーを使用すると見える心配がありません。

⑤上着を脱ぐタイミング
ご挨拶が済んでカフェに着席した際に、一言女性に断わりを入れて上着を脱いでいただくのがお相手に良い印象を与えるスマートな脱ぎ方です。
暑いのに我慢して、汗をかきながらお話するのはお互いにツライ行為なので、脱ぎたい時はスマートに上着を脱ぎましょう!

240_F_271344999_zsNn68ooyIKnbrj4obXEpQikbAQ53tUt.jpg