婚活デートの理想頻度は?

お見合い相手と意気投合したら、次は親密になるためにデートを重ねることになります。
そこで気になるのが、最適なデートの頻度です。
あまり頻繁にデートをするのも相手に迷惑がかかる気がして気が引けますし、
間があきすぎるとお互いに気持ちが冷めてしまう恐れがあります。

理想は出会ってから毎週1回会う事!
相手の都合も考えず無理矢理約束してしまうことはいけませんが、目標は週一回会う事です。
ときにはお互いの予定が合わないときもあるでしょうが、2週間以上空いてしまうと気持ちも離れてしまいます。
"鉄は熱いうちに打て!"
物事は、熱意がある間に事を運ばないと、あとでは問題にされなくなるというたとえですが、婚活デートにおいての熱い期間は1週間と覚えておいて良いでしょう!
間が空いてしまっては、「自分に興味がない」と相手に思われてしまいます。
また結婚相談所では、仮交際は複数の方とお付き合いすることが可能ですので、
真剣交際へ進めるまでは、自分以外にもライバルがいると思って下さい。
ライバルに負けないためにも、頻繁にデートを重ねて、相手に対して「結婚に真剣な気持ちがある」という自分の意志を伝えましょう!
240_F_187963000_uqt9sFzUPvbFUfVnYfsrmjVqywc5GVA1.jpg

頻繫に会って「単純接触効果」を狙う!
単純接触効果を簡単に言えば「接する機会が多ければ多いほど、相手に好感を抱きやすくなる」という心理学の法則です。
恋愛に言い換えれば、何回か会うたびに、最初は何の感情も抱かなかった人のことが気になりだして、恋愛感情を抱くようになるという心理学面から見た効果です。
CMやアイドルなどの例があるように、単純接触効果では「目にする機会が多い」というだけでも親近感や好感を得られやすいとされています。
ですので、単純に時間だけで比較すると1ヶ月1回のデートに8時間も費やすよりは、1週間に1回のデートにつき2時間程度の時間を費やす方が、恋愛感情は生まれやすいといえます。

メールの頻度
メールはデートしたくなる気持ちを盛り上げるてくれるツールなので是非活用すべきです。またお互いの距離感覚のバロメーターにもなります。
メールの頻度は心地良いと感じる、生活の邪魔にならないのが基準になりますが、丁度良い、心地良いと感じる頻度は非常に個人差があります。毎日メールをしなければ落ち着かない人も居れば、メールは3日に一通程度で十分だという人も居ます。先ずはたわいも無いメールを送り、相手からの返信を待ちましょう。これを何度か繰り返ししている間に、相手の生活リズムが分かってきますので、自然とメールの頻度が定まってきます。一般的には1日に2〜3通程の短い文章を送る方が、相手も自分の事を気にしてくれているんだな、と好感を持たれます。
240_F_129652066_O6ZClTp0u2f37etFy9LLKFqO0RTRPgod.jpg

真剣交際のタイミング
仮交際から真剣交際に移行するタイミングは個々のカップルの進捗状況によって変わりますが、相手がいくら気に入ってもデート1回目にプロポーズする事は避けましょう!最低でもデートを3回は重ねる必要があります。基本的には週1回デートして2ヵ月後の8回目あたりを目安にすると良いと思います。ちなみに真剣交際は相手に「結婚を前提にお付き合いして下さい!」と相手しっかりと意思を伝える行為ですが、これは決して男性側からだけでなく、女性からの発信でも構いません。

まとめ
1. デートの頻度は毎週最低1回、時間より回数を重視!
2. メールは毎日、心地よいと感じる頻度で!(※丁度いい頻度は個人差有)
3. 真剣交際は2カ月以内を目安に!
240_F_119402884_HrVWOvwkkWG0QWLivcXG3DAlArXSkG6r.jpg